植物の力を借りながら。


by sense_of_wonderY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

怒濤の1週間が終わり。

f0052603_22224457.jpg

琉球スズメ瓜が今年も芽を出しました。
このかわいらしいフタバをみると、『となりのトトロ』を思い出します。
さつきとメイが、どんぐりのフタバをみて大喜びしてる場面。

14日から小学校の保護者会ウィークでした。
20年度の本部役員として、各クラスへ出向き、21年度の学級代表や委員を
選出する司会・進行役を務めました。







f0052603_22253854.jpg

毎年、なり手がいないクラスでは本当に長時間を要し、
苦痛の沈黙が続くのが、この選出。
昨年度、その選出のあり方について見直し、きちんとした一定のルールを
提示したのですが、そのルールの元に行われる最初の年となりました。
とくに高学年では、ほとんどの方が一回はなにかの係や委員を経験して
なり手がいないのが現状です。
「1人の児童に対して、6年間で1度はなにか委員を引き受ける」
というのが、今日ではどこの小学校でも最低限のルールとなっているのが
現状だと思いますが、(私が聞く限りではそれが当たり前という声が多数)
やはりどうしても引き受けられない事情があったり、やりたくない人が
いるのも事実。その辺りをどう汲み取って、どう説得するか。
そんなことで無為に時間ばかりを消耗するのはやっぱり、エコではない。

f0052603_22314754.jpg

たしかに厳しいご意見もありましたし、実際にその場で
司会者にくってかかるというシーンもありました。
私も泣きそうになりながら、なんとかご理解戴くのが精一杯でした。
それでも、きちんと話し合って、納得の上で抽選する事なく、挙手にて
全ての委員・係が選出できた事は非常によかったです。

心労の1週間ではありましたが、確実に時間短縮をし、平等に選出が
できたことは、なにより成果だったと思います。
「あんなにスムーズに決まるなんてすごい」というお声もあり、
一定の評価には繋がったのかな・・・と、1年間、話し合って苦労して
まとめてきた甲斐があったなと思えました。


f0052603_2234835.jpg

3年越しのアンズの花が咲いて、少しですが結実したのがありました。
アンズの実、苦労の賜物というほどではありませんが、
とても嬉しいニュースです。
これもまた、成果ですね。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2009-04-19 22:34 | 日々の思い。