植物の力を借りながら。


by sense_of_wonderY
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

境界線。

3月11日を境に、日本中が大きく変わってしまった。
最初は大地震と、その後東北から関東北部を襲った大津波の映像によって。
人々は、何時間もそのおそろしい画像に釘付けになっていた。
いや、釘付けにさせられた、というべきかもしれない。
次々と映し出される大津波の映像は、かつて私たちのだれも、
見た事のない映像だったのだから。
映画のシーンよりもずっとずっと悲惨で、目を疑うものだったから。

しかし、だんだんと時間の経過とともに、それにも慣らされてきた気がする。
映像は何度見ても、その悲惨さには変わりがない。
テレビ局は1週間目くらいから、だんだんと「奇跡の脱出」とか、
「奇跡の再会」的な美談や、感動のストーリーに置き換え始めている。
こうして、だんだんとトーンダウンしていくのかな・・・
そんな漠然とした不安。

そして、原発の事故の様子。
今日の放射線汚染状況を数値で発表する。
最初、基準値のせいぜい10倍以内の数値だったものが、いつのまにか
2桁も増えて、数千倍となってしまった。
それでもなお、「健康には直ちに影響はない」と繰り返すだけの政府。
だんだんと増え続ける数値にも慣らされ始めている・・・

でも、決して忘れてはならない。
テレビで流される映像は、それでも規制のかからない地域のものだけ。
被災地はもっともっと厳しく辛い地域が、いくつもある。
現地に入っている方の書かれたものを読むと、それがよくわかる・・
放送コードにひっかからない範囲の「悲惨」
その映像でさえ、想像をぜっするような過酷なものなのに、である。

おそらく、原子力保安院や政府の発表している数値や現状も
嘘ではないかもしれないけれど、最低限のものなのだ・・・
「放送コードにひっかからないぎりぎり」つまり最過小評価である。
いたづらに恐怖心をあおるつもりはない。でも、用心にこした事はない、と思う。

世界一安全だとされてきた日本の原発。
大地震と大津波による被害によって、一夜にして世界一危険なものになった。

たった数分の揺れが引き起こした大災害・・・
地震大国に原発はいらない、とこれほど強く感じる事はない。
3月11日を境にして、日本人の安全とか安心とか、そういうものへの概念は
まったくかわってしまった。
そして、もう決して11日以前には戻る事はないのだ。けっして。

それでも、この国で暮らしていくしかないのだ。
逃げる場所なんてない・・・
だからこそ、お願いだから政府はしかるべき予防策をとってほしい。
中学生以下の子供には安定ヨウ素剤を配布してはどうか?
安全だ、心配ない、という言葉だけをならべるのではなく、
具体的な例をあげて、半径○○kmまでは、こうすべき、
△△kmまでは、こうすべき、というような指標を、根拠とともに示してほしい。

オランダ大使館は在日オランダ人に対し、予防的措置として既に1万箱以上の
安定ヨウ素剤を配布したという。
なぜ、日本政府はなにもしないのか?
なぜ、おそろいの防災スーツなどをあつらえる必要があるのか?
熱意も、真意も、伝わらないメッセージのTシャツを着たりするのか?
そんなパフォーマンスでこの危機を乗り越える事ができようはずがないではないか。
今必要なのは、パフォーマンスなどではない、行動そのものでしかない。

3月11日の境界線を越えたいま、政治家に本当に必要なのはビジョンある行動しかない。
元に戻すのではなくて、新しい日本のあり方を模索すべきときなのではないかな。


いまこそ、政治家が政治家たる仕事をなすべき時なんじゃないかな、と思う。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2011-04-01 23:13 | 日々の思い。