植物の力を借りながら。


by sense_of_wonderY
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

エッグキャンドル作りました。

f0052603_17202959.jpg

息子の中学校の文化祭で、PTA主催のバザーがありまして。
手作り品と、寄付品のノルマがございます。
ま、それはほら、幼稚園のバザー委員X3回の私。
正直、バザー大好きですから。
手作り品は、エッグキャンドルにしたわけです。



たまごのからをコツコツ集め、パラフィンワックスを買いました。
卵は全部で24個くらい集めたんですが、制作途中で4個割れました。
で、都合、20個。

1)卵の丸い方に、直径1cmくらいの穴をあけますが、このときに全体にひびが入って
壊してしまわないように細心の注意が必要です。
穴から割り箸などで卵黄を崩し、かき出します。(卵焼き、スクランブルエッグに)
中性洗剤で殻の中を振り洗いしてよく乾かしておきます。↓
f0052603_1721375.jpg


2)乾いた殻の尖っている方(穴の開けていない方)に、千枚通しなどをつかい
芯を出すための小さな穴をあけます。2mmくらいがベスト。

3)芯(凧糸などでも可。市販品もあります。)を卵の殻の高さプラス5cmくらいを
目安にして切っておく。(作る数プラスα)

4)湯煎でワックスをとかして、クレヨンで色付けしたワックスにまず、芯を浸す。
1分程度で取り出して、ペーパータオルなどの上にとっておく。粗熱がとれたら
まっすぐにのばして、固まったら卵の殻の小さい方の穴に差し込み、殻底の大きい方の
穴に固定してテープなどで止めておく。
また、芯を出した方の小さい穴にはしっかりとテープで目張りし、ワックスが流れ
出さないように2〜3重に止める。

5)ワックスを殻に注ぎ込みます。(制作個数によりますが数回に分けてやる方がいいです)
冷えてくると、へこみが出るので、注ぎ足し、注ぎ足し・・・↓
(この段階で、必ず目貼りしたテープからワックスが漏れだしますので、注意しないと
流れ出したワックスが固まって、殻ごと固定されてしまい、割れの原因に。)
f0052603_1722582.jpg


6)固まった卵の殻についてるよけいなワックスを、熱めの湯で搾ったタオルで 拭き取り、
ナイフでこそぎ落とす。結構、腱鞘炎になりかけます。
さらに、芯の周りの殻を適宜剥きます。↓
f0052603_17222772.jpg


7)きれいになった卵の表面に、デコパージュして行きます。
使いたいペーパーナプキンの柄を丁寧に切り取り、3~4層になっている1番上の
柄のプリントされた 層だけをはがして使います。
なるべく丁寧に余白なく切り取るときれいに仕上がります。

8)のりは、デコパージュ用のものでもいいのですが、高価なので使いません。
私の秘策・木工用ボンド!これ安いけどいいのですよ。
これを容器に少しだして水で溶きます。これを筆で塗っていく。
(容器はプリンやヨーグルトなどのプラスチックカップが使いやすいです)
卵にペーパーの柄をのせて位置を決めたら、まず殻にボンド液を1〜2滴つけて
その上にペーパーナプキンをのせます。すぐにボンド液がしみ込みます。
このとき、指で触ってしまうと破けてしまうので注意が必要。
ただし、失敗したらはがせます。(乾いた場合は、濡らしたふきんでふやかす)
貼ってる作業中に指などでよれてしまうこともありますから 細心の注意は必要です・・・

表面にしわが残らないように筆先などで調え、(指先でやると結構 破いてしまったり
しますので、ここも注意が必要です)
余分な水分をペーパーの使わない部分などで吸収。 (捨てる部分の2、3層目)
かるくたたく感じで。やりすぎると、貼ったペーパーがはがれます。

力加減と要領に注意してやればオッケーです。 なれたら、簡単ですよ。

この行程が終わった段階です。(まだ7個ですけどね・・・) ↓
f0052603_17443625.jpg


9)デコパージュが終わったら、ニスをかけて、ビーズの台をつけて
完了です。結構手間はかかりますが、可愛いです♪
決めては可愛いペーパーナプキンを使うこと。
もちろん、シールとか包装紙とかでもいいです。ただ、厚さがあると
でこぼこは目立ちます。それがかえって、可愛いかも。

ニスをかける前に、ラメのエナメルなどでさらに飾ってもよし。
f0052603_17455236.jpg

f0052603_17461674.jpg

キャンドルですが、あくまでもこれは装飾品かな。
底は穴があいてるので、たぶん、燃やすと最後のロウが流れ落ちます。
(メ、メルトスルー・・・シャレにならんわ。こわい!)
または、お皿の上で・・・ですかね。

<追加情報>
使用するパラフィンワックスですが、ペレット状になっているのが
使いやすいです。卵1個あたり、大体50グラムなので、こぼれることを
計算に入れて、60グラム見当で用意するといいと思います!
さらに、もしもウェディングキャンドルが眠っているようなら
それ使うといいですよ!まあ、停電対策には使えるのですが・・・
ちなみに今回、22個作る予定で1200グラムくらい溶かしましたが
2個分くらいは余っています。そのまま次回溶かせば使えます。
[PR]
by Sense_of_wonderY | 2011-10-29 17:47 | 手仕事