植物の力を借りながら。


by sense_of_wonderY
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

青月。

f0052603_22504459.jpg

今夜はブルームーンです。
この言葉は、とある方のブログを通じて知りました。
こちら→Home Sweet Home
1ヶ月に満月が2度ある月が何年かに1度あるらしいのですが
今年の6月がそうだったんですね。
で、2度目の満月をブルームーンって言うんですって!
なんともロマンティックな呼び方。





残念ながら東京では先ほどから雨になり
満月の姿は見えません。
実際にブルーなのかどうかはわかりませんが
せっかくのブルームーン 見たかったですね。

そういえばバラにもブルームーンってあったなぁ。
ブルーと言ってもバラの場合はいわゆる青い花ではなく
紫色のものがほとんどです。
バラには植物的に青い色素がないそうで、それを定着させるのが
とても難しいのだそうです。近年はかなりバイオテクノロジーが
発達してブルーに近い色が出るようにもなったようです。
ブルーのバラ・・・欲しい!!

ブルーってあまり良い意味に使われないときもありますね。
気持ちが沈んでいる状態をさしたり。
部屋の壁紙を青系にしたらすごく体感温度もさがります。
気持ちを鎮める色なんですね。
夏場にはどうしても青い色を好むのはそう言う意味もあってかな。
本能的にわかるんでしょうね。
ブログのスキンをブルー系にしようかなと思いましたが
探してみてしっくりくるものがなく、涼しげな金魚で
これにしてみました。

写真はブルーが涼しげでとてもかわいい花。
大好きなルリマツリです。
もう3年目になるかな?苗も大きく育ちました。

f0052603_22575953.jpg

いつの間にか、オシロイバナも咲いていてびっくり。
これって夏の花!!ってイメージなのにな。
幼い頃の夏を思い出させる匂いがします。


【追記】この記事を書き終えてから、もう一度ブルームーンを
検索していました。そうしたら記事中に偶然この文章が・・・
「青い花色から別名ブルームーンと呼ばれるイソマツ科の半耐寒性花木ルリマツリ(もしくはルリマツリの矮性種)」というのを発見!!
わあ・・・偶然。全然しらなくてこの青い色がイメージぴったり!と
勝手に貼った画像だったのだけど・・・
そしてちょうど今朝きれいに開花していたから・・・
これはブルームーンのなせる技なんでしょうか?
一人感動しております。
(once in a bluemoon というのはあり得ない事、とか
非常に稀なことという意味の慣用句らしいですね)
[PR]
by sense_of_wonderY | 2007-06-30 22:59 | 日々の思い。