植物の力を借りながら。


by sense_of_wonderY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

私のアロマ経験

アロマテラピーの経験としては、いきなりスクールに
入って色々なキャリア(基材)にエッセンシャルオイル
を加えたものを作り、それを自宅で楽しむことが多かっ
たので、なかなかプロによるマッサージを受けるチャンス
はなかった。ただ、そのころ住んでいた地元に新しく
アロマを取り入れた整体治療院がオープンして、そこで
簡単なオイルマッサージを取り入れた治療をうけたこと
はあったけど・・・
初めてフルボディマッサージをうけたのは、香港で。
でもこの時は、エッセンシャルオイルは使ったのかどうか
不明。あとは足だけとかが多かった。
2年半ほどまえに近親者の看病のために自分自身が疲れ
身体もかなりぼろぼろだったので、初めてアロマテラピー
のフルボディマッサージを受けた。とにかく心地よくて
ほとんどすぐに寝てしまっていた。息子を幼稚園に送り
入れたその足で、開店早々の他に誰もお客のいないサロン
に週に1、2回通ったものだ。
あとは妊娠中、切迫流産で入院していた時に某大学病院
の看護婦さん達が夜、消灯後にアロマテラピーの勉強会を
していて、そのかおりが廊下にほのかにただよっていて、
無性になつかしく心地よかった。ラベンダーの香りだった。
その後、長女出産の時は、陣痛中に助産婦さんがアロマの
オイルマッサージで陣痛の痛みを軽減してくれ、これが
私をアロマセラピストに向かわせる決定的なファクターと
なった。とにかく、患者本位のマッサージのありがたさと
アロマテラピーのもつ力のすばらしさを体験した。
この経験がなかったら、はたして私は決心できたかどうか。
あの時の助産婦さんに心からお礼を言いたい。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-02-25 20:15 | aroma&phito
ちょっと書くことがなくなってお休みしてしまった・・・
しかし、ちょっとネットであちこちのぞくだけでも
アロマセラピストを目指す人、すでにセラピストとして
仕事をしている人、たくさんいらっしゃる。
しかもみなさん、年齢も若いのよね。
でも、考えようによっては、私はそれだけ人よりも
人生経験があるという強みでもある。40年生きてきて、
それなりに辛い経験もあったし、楽しいこともあった。
子供も持った。社会人として収入を得ていた時代もある。
いろんな人と関わってきた。
そういう経験は決してお金と引き換えに得ることのできる
ものではないし、実際にそれだけの時間を費やしてきたから
こそ、である。セラピストはまず、カウンセリングをする。
そういう時に私の人生経験が多少なりとも役に立ったり、
相手に安心感を与えるものであったりするかもしれない。
私だからこそできることがきっとあると思うのだ。
そう思うと、決して遅いスタートだと思わないし、勉強も
これまでにある程度はしてきた。まったくの素人ではない。
学校を決めた時点で、気持ちがすごく固まって自分の中で
まとまったものになった気がした。
ああ、はやく学校が始まらないかな・・・・
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-02-24 21:13 | aroma&phito

申し込み

思いあぐねていてもしょうがない!
母にも一応の了解を得て、今日、電話をした。
もう一度面接を受けてから入学手続きと言うことに
なるだろう。3月1日6時半から・・・えー、そんな
時間しかないの・・?しょうがない、先生は別の会社
の社長が本業。アロマセラピーのほうからはほとんど
収入は得ていないそうだ。だからこそ、営利主義に
ならずきちんとした経営がなりたつんだろうな・・・
実際、他の名だたるスクールの授業料は1.5乃至2倍は
する。もっと訳の分からないところだと、授業の内容
も怪しいようなところで意味もなく○○料と名目をつけた
加算金があって、100万円にも届く金額になる。
それからしたらこの学校は本当に内容が充実していて
信頼できる実績もあってこの値段だ。人気なのも納得
できる。半年前に定員がいっぱいでキャンセル待ちまで
入るのだから・・・私もちょっと焦ってしまった。
ともあれ、これですこしほっとしたかな。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-02-17 19:09 | aroma&phito

保育園探し

本当は説明会の日に、即答で10月コースの申し込みを
したかった。しかし、実は私が当初思っていたのと時間も、
金額も違っていたのだ。私も資料をしっかり事前チェック
していなかったので、本来通うつもりのアロマセラピスト
養成コースではなく、もう一つのアロマ心理セラピスト
コースの方の資料をみていたのだ。
アロマセラピスト養成コースは毎月、第1、3土日の11時
から6時まで、半年かかる。そしてその後、上級コースに
同じく半年かかる。つまり1年通して通うことが前提での申し
込みとなるとのことだ。
子供を預けてのことだけに、きちんと周囲の理解を得てから
でないと話がまとまらない。開講半年前にはもう定員がいっぱい
になってしまうというだけに心はかなり焦った。
さて・・・まずは土日預かってくれる保育所探しだ。
それがなかなかないのだ。土曜日はともかく、日曜日まで
預かってくれるところは私の住む町田市には一か所しかない
らしい。かといってベビーシッターを頼むとなると、一日につき
8千円以上かかってしまうのだ。休日だからしかたない。
ただでさえ学校の費用がかかるので、あまり無理なことは
できない。
娘はまだ11か月。講習の始まる10月には1歳半になるとは
いえ、きっとまだまだ手がかかるだろう。それを思うと、母に
預けることだけをあてにしては無理だろうとおもう。
さあ・・・どうしよう!
そうこう考えあぐねているうちにも、定員はいっぱいになりそうだし・・
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-02-16 20:14 | 育児あれこれ

不安の種

説明会ではOHPをつかって、アロマセラピストの必要性や、
スクールで何が教えてもらえるのかなどを多岐に渡り説明された。
2時間半かけての詳しい説明で、納得した人だけが残って
その後、5分程度の面接をうける。
私は正直言って40歳と言う年齢や、過去の経験がないことなど
いくつかの不安を抱えていた。それはスクールで講習を受けても
試験に合格するのか、合格しても仕事はあるのかという漠然とした
疑問と不安だ。しかしこの説明会では、いわゆる誇大宣伝はない
かわり、いかに充実した授業内容かということ、先生個人のアロマ
セラピーに対する熱意が感じられた。
卒業したら確実にアロマセラピーのサロンを開けるだけのノウハウと
技術、経営戦略などを教えてくれると言う。それは自身が10年以上、
アロマセラピーサロンをやってきたノウハウをそのまま指導内容に
盛り込んでいるから実践的だ。
なによりも、経営方針が日本に一人でも多く、きちんとした知識を
持ったアロマセラピストを育て、アロマセラピーが普及することを
願っているということが、私の不安を払拭するに足るだけの説得力を
持っていた。面接で経験がないことについて問うたが、むしろその方
が理想的だと言う答えだった。びっくりしたけれど、それも納得いく
説明があった。
ただし、お金儲けにはならない・・・そこが一番なっとくかも?!
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-02-14 21:52 | aroma&phito

ショック!!

新年の決意のもと、かつて通ったスクールに電話で問い合わせ。
日本アロマテラピー協会(AAJ)認定アロマセラピスト資格対応の
コースのカリキュラムを確認するため・・・
ところが、帰ってきた返事は予想だにしなかった。
「3月いっぱいでスクールを終了することになりましたので、新しい
生徒さんは募集していません」
え?!  しばし絶句・・・
「あの・・・ショップの方はそのままあるんですよね?」 おそる
おそる尋ねたところ、なんとその答えもNoであった・・・
さらに絶句・・・
こんな結果はまったく想定していなかっただけに、さてどうしよう?!
気を取り直して新しくスクールを探すことから始まった。

まあ、それなりに数はある。だけど納得のいく講習を受けられなく
ては代償となる時間もお金もあまりに大きい。信頼のできるスクール
となると得体の知れないところへは通えないし・・・
結局、吉祥寺にある学校しかなかった。
2月11日。説明会・面接にいく。2-3時間みてください、と言われた
通り、先生(学校の代表)のお話は熱意に満ち、同時に私のもって
いたいくつかの不安を解消するのに十分だった。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-02-13 20:42 | aroma&phito
f0052603_2136689.jpgアロマテラピーに出会ったのは10年前。
友人の結婚式で滞在したロンドンで本格的な
アロマショップに行ったのをきっかけにたち
まち興味を持ち、帰国後スクールを探し通い
はじめた。当時まだアロマはそれほど知られて
おらず、今ほどスクールなどはなかった。
やっとみつけたスクールは九段下にある日本のアロマセラピストの草分け的存在の栗崎小太郎
先生の教室。当時の住まいがあった鎌倉から月に一度、通い始める。
やがて都内に引っ越すが、長男の妊娠・出産で一時休止をやむなく
される。育児が少し落ち着いたころ、合間をみてはスクールの上級コ
ースを受講。丁度、この頃、日本アロマテラピー協会が設立され、
資格認定試験が実施されはじめる。私は第2回の認定試験を受験。
アロマテラピーアドバイザーの資格をとった。
さらにアロマセラピストへのステップアップを考えていたが、時間も
お金もかかり育児と家事の傍らにできることではなさそうなのでまた
また中断。
しかし、時間はいつまでもあるわけじゃない・・・2004年、長女
を出産してまた育児がゼロからのスタートとなったけれど、
40歳の節目を迎えたのを機に、一大決意した。
アロマセラピストになる!
2005年。私のアロマセラピストへの道の第一歩を踏み出す年になりそうだ。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-02-12 19:31 | aroma&phito