植物の力を借りながら。


by sense_of_wonderY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お花屋さんのおともだち

f0052603_2313443.jpg

アロマのお話からちょっと外れますが・・・・
以前住んでいた、都内某所。山手線巣鴨駅の近くなんですけど(笑)
ご近所にとーっても気になるお花屋さんがありまして。
そこはとってもせまくて(ごめんね、さいとうさん)ウナギの寝床みたいな
お店なんだけど、なんとお花屋さんなのに、日当たり燦々のガラス張りのお店!
しかもお花達はみんな、いわゆる花屋のガラスケース(冷蔵庫ね)に
入っていないで、花瓶にぼーん、ってさしてディスプレイされてる。
けっこうお花屋さんにはあちこちいってるけど、だいたいどこも店先で
バケツにいれて置いているのは持ちの良いものとか、特価の花とか・・・
高価なばらとか、ゆりとかは奥のケースに大切そうにしまわれてるんだよね・・・
ところがこの花屋さんは違うの!それに、みたこともないような、
すごくすてきな花がたくさん・・・
ところがお値段の表示がなくてすごく敷居が高かったのです(涙)
で、あるとき思いきって「チューリップ下さい」って入ったの。
ところが、ところが。チューリップだけで何種類あるの?!
みんな変わった形や、色、ほんとにどれもぜーんぶくださいっ って言いたく
なるほど、すてきなのよ。
今までガラス越し、ブラインド越しに通りすがりに眺めてたから、こんなに
花をじっくり見なかったのかな・・・ってびっくり。
その時はピンクと黄色が混ざりあってすごくきれいな姿のアンジェリク
(だったと思う)を買いました。
それから、息子同士が偶然同じ幼稚園ということで、とってもお特にお花をわけて
頂けるシステムに入会しました。引っ越してしまった今でも、続けているんです。
花屋さんの名前はFieldさんといいます。ここのオーナーで、フラワーデザイナー
でもあるさいとうさんが、お花屋さんの日常を綴ったブログ、トラックバック
させて頂きます。どうぞみなさん、御覧になって下さいね。
さいとうさんのお花のセンス、私はすごく大好きで大ファンなんですよ。
毎月2回とどくお花も、最初「え?」って思うような組み合わせ、色会わせでも、
いけてみるとしっくりとすごくセンスよく納まるの。
それに普通のお店じゃぜったいにお目にかかれないような花がたくさん。
ちいさいころ、ささやかな将来の夢が、お花屋さんになることだった私なのです(笑)
だから、フィールドさんのお花が届くとほんとうにうれしくなります。
つらい時も、花を飾る心だけは忘れないように。
そして、いつの日か、アロマセラピストとして開業できたら・・・・
フィールドさんのお花をサロンに飾るのがいまの夢なのです。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-08-16 21:11 | お花つれづれ

予備授業

いよいよ予備授業最終回。メンバーもだんだんと顔を
覚えてきました。でも私、視力が悪くて、人の顔覚える
のってすごーく苦手なんですよ。同じ事なんども聞いた
りして、失礼なやつなですよね・・・
でも、前回もお隣同士だったMさんはすぐにわかりました!
クラスも同じ、土日クラスなので、長いおつきあいに
なりそうです。

今回の授業は・・・まずは消費社会におけるストレスに
ついて。ストレスっていうことがどういう物か、具体的に。
ちょっと重い内容でしたねえ・・・。
香りもついでに重かった!
香りはノートといって重さを表現するものがあるのですが、
軽い方からトップ、ミドル、ベースノートと言い、人間の
嗅細胞はその分子量を感じるらしいのです。分子量が大きく、
実際に重い成分を含む香りは重いと感じる。つまり、ベース
ノートであると感じる。すごいですね。
もちろん、個人差もあるようですが、私にとって重い香りは
やはり、サンダルウッドです。
重い=悪いというイメージではありません。
ただ、サンダルウッドは自分の状態によって、受け付けない
時もありその時の調子に左右されますね。授業でかいだサン
ダルウッドはすごく軽やかで(重い香りの話なのに、矛盾
するようですが)上品なものでした。いつも使っているサン
ダルウッドはべっとりとした重さをもっていて、甘ったるく
さえ感じるときがありますが、それがなくてさらっとした
エキゾティックな香りとでもいいましょうか・・・
とても好きでした。
それから思い浮かぶのがベティヴァー。これは土っぽくて、
カビ臭い
ような、古民家を思い起こさせる香り。嫌いじゃないん
だけど、好き!とは言えないかなぁ。イネ科の植物で巨大
すすきの根っこだそうです。
あ、房総の海岸美術館にあったやつかな??
パチューリはしそ科のくせにベースノート・・・不思議!
これはかなりくせの強い香りで単独では好きになれなかった
んだけど、ローズオットーとまぜるとすごくいい引き立て役
になってくれて、なんともいえない香りになってる!!
そう、ベースノートのオイルは、他のオイルとブレンドする
事で、そのオイルの香りを引き立て、長く持たせるという効果
があるのです。
すごい、すごい。本当にそうなんだ!


こういう、自分ではもっていない精油ってなかなかなじまない
けど奥が深いんですよねえ。実感できました。
次回は10月1日。いよいよ、本授業のスタートです。
11時から6時まで・・・がんばらなきゃあ。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-08-15 22:52 | aroma&phito