植物の力を借りながら。


by sense_of_wonderY
カレンダー

<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

思わぬ効能

土曜日、2回目のトリートメント実習のときに、選んだオイル
がサイプレス、グレープフルーツ、レモングラスだったことは
書きましたよね。
一番最初のとき、リラックスとして選んだオイルは、気持ちが
いっぱいいっぱいになっていて、全然香りを楽しめなかったん
です。それで、どうせいっぱいいっぱいなのは同じだし、それ
ならリラックスできないんだから、刺激的な香りにしちゃえ、って
ちょっと乱暴な理由から。
このブレンドはむくみ解消のオイルとしてブレンドされていたの
ですが、私、幸いなことに、むくみしらずなんですよね。だから
「むくみ解消」っていうことを目的にしたトリートメントは受ける
こともないのです。
妊娠中でもまったくむくみ、貧血は出ませんでしたから。(その
かわり、もっと問題ありましたけどね・・・切迫流産とか、肝機能
低下とか。それでさんざん採血されましたよ。はい。)
じつは娘の風邪をもらいかけて、かなりこのところ身体がだるく
て調子が悪かったんですよね。トリートメント受けるのも、大丈夫
かなぁ、ってちょっと不安はありました。
ところが、当初すごく乱暴な理由かと思われたオイルのチョイス
も、トリートメントがすんでみたら!なあんと、風邪がすっきり
抜けてしまい、連日の悪寒もとれて身体に明らかな変化があり
ました。足のトリートメントだけで、ですよ!?
すごいですね、アロマの力。
もちろん、人にもよるだろうし、たまたま私の体調が治る方向
だったのかもしれません。だけど、実は今日はちょっとまた悪寒が
してます。だからあれはやはり、精油の力だった気がする・・・

むくみ解消、つまり、悪いものを排出させる、毒素を抜く。
そういうこと? ジュニパーとかローズマリーがブレンドされて
いたら、すぐにそういう効果を思い浮かべましたけど、サイプレス
とレモングラスにもそういう効果が強く出るんですね。
身を以て納得しました。いやぁ、風邪予防にはサイプレスかも!
(経験豊富なセラピストの方からみたら、これって当たり前なの
かもですね)
まだまだ実践経験が少ないので、こういう新しい出会いに感動
です。これって私だけ?って思うことも、そうでないことも、
いろんな情報交換できたらいいなぁ、と思います。
ぜひ、コメントくださいませ。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-31 22:20 | aroma&phito

イメージトレーニング

「次回のトリートメント実習まで、しっかりイメージトレーニング
してきてください」先生が前回の授業の後、おっしゃったの
ですが、これが難しかったです。
昨日、2回目のトリートメント実習をして、だいぶ感じが掴め
ましたけど、やはり何度も経験して体にその工程を叩き込ま
ないとだめだなぁ、というのが実感でした。イメージトレーニ
ングというのは実はとても有効な練習ではありますよね。
どんなことでもこのイメージトレーニングってすごく大切。最初
にこれを実感したのは、スキーを始めた頃。そうそうゲレンデ
にはいかれないので、ビデオでデモンストレーションをみて
そのイメージを頭に描きながら、一緒に滑っている自分を思い
浮かべてみる。そして動きをあわせてみる・・・
そうすると不思議とリズムとか、ターンのタイミングとかが体に
ついてくるんですよね。もちろん、実際のゲレンデでその通り
美しいフォームで転ばずに滑れる訳じゃありませんけど、すごく
上達につながったのは確かです。
その次はゴルフでした。狙った場所にボールが飛んでいく
イメージをしてその方向へボールを運ぶようにクラブを振る、と
いうのがスクールで教わった第一でした。(たしか・・・)勿論、
ボールはインパクトの瞬間までなるべくみるんだけど、飛ばす
方向へ自然と体を向けるイメージをしながらうつのが大事、と
いわれました。(たしか・・・)(笑)
残念ながら、ゴルフは腰を悪くして挫折しましたけど、とにかく
イメージトレーニングがとても役に立つなあと感じたことは確か
です。

昨日、偶然みたテレビ番組で脳外科のお医者様が難しい手術を
前にして、なんどもなんども、イメージトレーニングしている所を
みました。
「脳の前頭部をあけて、ここからメスをこういう角度でいれると、
そこに何々(脳の部分の名前ね)があって、それを避けるように
今度は反対からこうして・・・」と声に出して、手を動かしていたん
ですよ。
もう脳のことはもちろん、専門家だしいくつもの症例をオペしてる
訳ですから、詳しく覚えているのは当然なのかもしれません。でも、
そんなベテラン医師でも、確かめるようになんども声に出し、手を
動かして、手術の様子をイメージトレーニングするんだ!と思い、
ちょっと感動しました。そういう事前作業をすることで、なにか不測
の事態が生じたとしても迅速に対応できますし、おそらくあらゆる
場合を想定してのことだろうと思いました。「想定外」(なんか流行
語っぽい・・)なんてことがおこらないように。
これこそイメージトレーニングの真の意味だなぁ・・・て思います。
そして私はただ、トリートメントの工程を漫然と「覚えよう」として
いたなあ。もっともっと、そこをトリートメントすることの意味、そう
することで得られる効果なんかを考えないと、覚えられないのも
無理ないかな、って思ったんですよね。

今度の土曜日はいよいよフットトリートメントの仕上げ。クライアン
ト役の人とはいっさい会話なし、部屋の照明も落として、サロンの
雰囲気の中、施術するんですよ・・・・
がんばってしっかり覚えなくてはね!

今日の授業では最初にクラリセージを学びました。
普段、けっこう好きな精油にあげる方なんですけど、今日はどうも
体調のせいか、受け付けませんでした。そういう時がたまにあります。
月経周期と関係あるのかもしれませんね・・・そういう意味では
本当に女性にとって密接に関わってくる精油だと思います。
とにかくクラリセージの香りで具合悪くなる寸前でした・・・
むかむかしちゃって。しかも昼食前だったので空腹がよけい悪
かったのかも知れません。要注意!です。クラリセージ。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-30 20:57 | aroma&phito

お化け・・・

とうとう出ました・・・私の最も苦手な世界。 お化け〜。
季節外れな感じが否めませんが・・・お化けはお化けでも、ばけ学。
つまり化学です。Chemistry!
 最近じゃChemistryというと、歌がうまいあの男性デュオ(って、
この言い方、死語?)のことしか浮かびません。学生時代、ほんっと
にこの化学ってのが苦手でしたよ・・・原子記号とかもうすっかり忘
れてるし。分子?構造式?ぎゃあああああ やめてえええ。です。
でもまあ、苦手意識をもってると先には進めませんし、避けては通
れないところでもあるし。この際、楽しくお勉強です。

午後はフットトリートメントの2回目でした。
工程、覚えたつもりだったのになあ。いざ、クライアント役の人を
目の前にすると、いっきに緊張して真っ白状態に・・・しかも今日は
ちゃんと足浴するところからで、これにちょっとおたおたしてしま
いまして。だめだなぁ、ちょっとなれないことが入るだけでもう、
慌てて真っ白になっちゃうなんて。練習あるのみですよね・・・
実際、家で覚えるときから毎回、同じところを飛ばしてしまうんで
心配だったのですが、やはり・・・どうしてもその工程だけ飛んで
しまってだめなんですよ・・・
一連の動きは足の部分ごとにまとめられていて、比較的、効率的な
動きなんですけどね。足の先、裏はつぼが集まっているので、重要
な部分。だから、いろいろと丁寧にトリートメントする必要があるん
です。それでついつい、次へと焦ってしまい、飛ばしてしまう工程。
スクールでは通称「くつみがき」と呼んでいる、足の側面を靴を磨く
ように、両手のひらでしゅしゅしゅっと素早くこする動作。先週は
先生にこの工程はとてもほめて頂いたのに!
「くつみがき1級をあげましょう!」ってね・・・だめだなぁ・・・

ペアを組んだ相手の方は、それはもう完璧に工程を覚えていらして、
手順よく、スムーズにトリートメントして下さいまして。お上手
でした。それに細かいことにとっても気のつく方。セラピストになられ
たら、さぞ心配りされて、いい施術をなさるんだろうなぁ、って感心
してしまいました。(感心してる場合ではないんだけど。)

でも今日は全体的にはリラックスできて、前回に比べ、だいぶ余裕
もって施術することができました。使ったオイルの香り(むくみ解消
のオイルでブレンドはレモングラス、グレープフルーツ、サイプレス
でした)も感じることができましたしね。
それに人の手のぬくもりって本当に温かくて、触れられるだけでも
なんとなく安心感がわいてきますよね。こうやってトリートメントの
勉強をしてから、実際にリフレのサロンなどへいくと、すごく勉強に
なりますね。
次回は本番同様に、暗くしてサロンの雰囲気で施術するので完全に
工程を暗記して体で覚えておかないと!家族に練習台になってもらう
しかないかな。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-29 20:40 | aroma&phito

鼻が慣れる

ぎゃあ・・・今日のブログ記事、入力完了!と思ってちょっと
画像を検索してたらいきなりIE落ちました・・・
あー・・・こういうことあると、再度「書く」気力が。
うわーん。

f0052603_23575969.jpg


みなさん、匂いに慣れちゃうことってありますよね。
ていうか、ないはずはないんですけどね。
どんなに好きでうっとりするような香りでも、ある程度の時間
おなじ香りの中にいると、鼻が慣れて、匂いがわからなくなり
ますよね。
たとえば、香水。好きで使ってる香りの代表です。
たぶん、多くても2、3種類の香水を使い分ける程度では
ないかと思います。私は2年まえに新発売になったシャネルの
「チャンス」がお気に入りで、ここのところはずっとこればか
り。お風呂上がりにつけるボディーミルクも同じ香りです。
これ、贅沢にたっぷりつけられて、香りもきつ過ぎないので
とっても好き。自分ではそんなに匂いぷんぷん、ってつもり
じゃあないけど、お風呂あがりの蒸気と、体温そのものも上っ
ているせいでしょう、2階にいる母にも「なんかいい匂いがする
わねー」といわれます。そして翌朝、パジャマを脱ぐとふわっ
とまだ香るんです。(それで2度幸せなんですけど・・・)
娘は私のパジャマを抱きしめてクンクンしてますしね・・・。
彼女にとっては「ママの匂い」なんでしょうね。

これも私の鼻がこの香りに慣れちゃってるからなんですよね。
自分では気付かないけど、服や小物にしっかり香水の香りは
移っております。移り香、なんてすてきな言葉もありますよね。
平安時代は香りで人物を確認していたくらい、香りは日本人に
とっても大切なもの。西洋だけの風習じゃないですよ。
欧米人は嗅覚が日本人よりも鈍いらしいです。これは先日の
嗅弱の話で触れましたけど、肌の色素に関連しているようです。
それで、香水を強くつけるのでしょうね・・・体臭が強いって
ことだけじゃないんだそうです。

さて、それで鼻が慣れるということですが、実はこれ、嗅感覚
の疲労がその正体なんですって。どんなに鋭い嗅覚の持ち主でも、
5分も同じ匂い物質にさらされていると、その匂い物質に対して
疲労して感じなくなるんだそうです。(半分は嗅細胞での疲労が
半分と、大脳での疲労が半分と考えられます)この疲労のメカニ
ズムは1つには、同じ匂い物質にばかり反応していては、いざ
危険な別の匂い物質があったときに感じ取るのが遅くなり、危機
に瀕するわけでそのためにも、新しい匂い物質にすぐに反応でき
るようにしているというわけです。なるほど・・って感じです。
できれば素敵な香りにずっとうっとりしていたいですけどね・・・
できれば臭い匂いは嗅ぎたくありませんもの!(笑)

鼻が慣れる、っていうことについて。実は偶然にも、今日、「フィ
ールド」オーナーさんのブログに羨ましくも素敵なエピソードが
アップされてます!ぜひ、LINKからとんでくださいませ。
そして、応援クリック、してくださいねー。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-24 20:52

風邪をひきました・・・

娘が先週の月曜日に発熱。あーあ、風邪ひいちゃった。
でも、まあ、学校のある週ではなくてちょっとほっと
していました。学校の週だと、保育所へ預けるにもね・・
熱は幸い、1日でほぼ平熱になりましたが、それから
恒例の滝のような鼻水。そして咳。それでも機嫌は
まあまあよかったのです。
ただ、夜寝入ってから、体が温まってくると咳が出て
くるの。そして小さい子供はまだ痰を自分で出せない
ので、それが苦しくって目を覚ましてしまうんですよ。
傍で見ていても苦しそうでかわいそうです。それに、
本人は寝ぼけているのでとにかく大泣きしてしまい、
収まりません。自分でもどうして良いのか分からない
のでしょうね・・・
私も所属している(社)日本アロマ環境協会でも、
アロマトリートメントは2歳以下の子供には行わない
という規則があります。自分の子供に、自分の責任に
おいて行うことはいいとしても、やはりまだあまり
ちゃんとした勉強をしないうちには責任も取れないし
ということで、しませんでした。
軽いマッサージをしてやれば、少しは楽になったのか
と思いますが・・・

将来は子供や妊婦さんにトリートメントできるセラピ
ストになりたいんですよね。
ただ、やはり医療行為との境界線があるので、その辺
かなり難しいかもしれません。まずはセラピストの資格
を取得して、経験をつむことが先ですが。

それにしても。
子供の風邪って治る頃に、必ずこちらにうつってくる
んですよね・・・今週は学校です!
えーい。気合で乗り切らねば。
ん?!フットトリートメントの順番はなんとか覚えた!
筋肉の名前も・・・ちょっと怪しいかも?!(泣)
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-23 20:31 | 育児あれこれ

嗅覚の不思議

以前、不思議に思った話です。

実家の庭を手入れしてくれている叔父が、枝垂れ梅を
植えたんです。今年の春先にその梅が咲いていて、いい
香りがしていました。ところが叔父が言うには、人に
よって感じない種類の匂いがあるっていうこと。
かくいう叔父本人も、梅の香りがわからない、と。
え?!あの強烈に甘くてすごくいい香りがわからない?!
にわかには信じ難い話でした。だって、梅と言えば、古来
姿より香りを強調されて来た花です。
「春の夜の闇はあやなし 
   梅の花色は見えねど香やはかくるる」
      (古今集 巻1 春歌上  凡河内躬恒)

と歌われた和歌からもわかるように、姿は見えなくても
その香りで存在は隠せないわけですよ・・・

その時の叔父の説明では、おそらく嗅覚のレセプターのある
特定の種類が鈍感、または完全に効かなくなっているのでは
ないか、ということです。なるほど、と思いましたが、同時
に梅の香りがわからないなんて、すごく可哀想ー!ってこと。
そんな人もいるんだなぁ・・って思っていました。
たとえば、なんらかの大きな外因性のストレスがかかることで
そのストレスに関連する香りを拒絶する、っていうことは、
十分にあり得ると思います。先日書いた、成長をとめてしまった
少年の話の例によるまでもなく、たとえば、肉親をなくした時
そばに咲いていた花の香りとか、トラウマになっていることに
直結して、そのことを思い起こさせる要因(リマインダー)と
なる香りであれば、なるべく接触したくありませんものね。
逆に、香りは幸福な思い出のリマインダーにもなるのですけど。

そんなことを頭の片隅に残していたら、ありました!
テキストに出ていましたよ。難しいところは省略しますが、
匂いの感じ方はすごく個人差があります(これは納得ですよね)
しかも、鋭敏な人だと、天気、温度、湿度などにも左右される
そうです。体調にももちろん影響します。風邪引いてるときは
嗅覚は低下しますもんね。さらに、加齢によって低下します。
非常に強いストレス下、強い抑うつ状態でも低下する傾向にあり
ます。女性は男性より敏感で、さらに性周期にも左右されます。
妊娠時は敏感になりますしね・・・
そして、嗅能力は、嗅粘膜の色が濃いほど、鋭いんですって!
つまり、白人→黄色人種→黒人の順に鋭いってことです。
そしてそして、色の場合に色盲があるように、匂いにおいて
嗅弱というのがあるんです!!ある特定の匂いにのみ無嗅覚の
人はけっこうあるそうです。青酸いたいして白人男性18%、
白人女性4.5%というデータもあるそうです。
青酸って梅の実に含まれてますけど、花の香りにも関係あるの
かしら?いやぁ、びっくりです。

みなさんは感じない香り、ありますか?


長くなってしまいましたが、今回の嗅覚についての記事は
私の学校で使用しているテキストを参考にしました。
(一部抜粋です・・・)
嗅覚についてはいろいろ面白い話があるんですよ。
また、続きをかけたらいいなと思っています。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-20 22:45 | aroma&phito

記憶力の低下に泣く

昨日の朝から1歳7か月の娘(おてんば天使)が熱を
出してしまいました。風邪をひいたのでしょう。一人目
の子供なら、焦ってお医者様へいくところですがそこは
さすがに経験者。熱はあっても機嫌はいいし、食欲も
ある。他に症状もなし。外はかなり雨足が強いし、これ
は様子を見た方がいい!という感じ。
それでもまあ、いつもよりはとろんとした目をして、
時々、だるそうに横になったりしていました。眠くなると
元々、かなり機嫌の悪くなるほうなのですが、熱のせい
も手伝って、ぐずぐずぐず・・・。
抱っこをしている時間がどうしても長くなってしまいます。
せっかく家にいるしと、筋肉学の講義の復習をしようかと
テキストは出して来てあったけど、ページをめくると
娘が近寄ってきて・・・。なかなかはかどりません。
今日は熱は下がっていましたが、鼻水と咳がちょっと。
まあ、しょうがないですね・・・トリートメントの工程を
覚えなきゃ・・って思っていたのですが。
筋肉の名前はもう、からっきしだめです。全然頭に入って
こないんです。
記憶力はかなり自信があったんですけど、さすがにピークを
とっくに過ぎてしまったし。さらに、二度の出産で私の脳
細胞は激減したと思っています(笑)息んだときに壊れた!
って公言しております(笑)
だってね、子供産むと、それまで社会生活していた時の常識
なんてとりあえずは必要なくなるんです。で、未経験のこと
がどっさり!母親としての常識を入れるために、脳はとりあ
えず当面必要じゃなくなったことをどっかにしまいこんじゃ
うんですね、きっと。恐ろしいほど、いろんなことを忘れて
しまってるんですよね・・・そのほとんどが固有名詞です。

まあ、これはいいわけですけど、とにかく筋肉の名前、
どうやって覚えよう・・・焦ります!焦ってます!
上腕三頭筋とか、大腿四頭筋とか。なんだなんだ・・・って
感じですよ。それでも骨の名前はけっこうあっさり入った
んですけどねえ。筋肉はどうもね。

脳細胞のピークって18歳〜20歳くらいなんですって。
はあ、もう二回くらいめぐっちゃってますもの。
それで一度死んだ細胞は二度と再生はしないんです。滅びて
ゆくのみなんですよね。ただ、幸いなことに?脳細胞は
おびただしい数あるし、どれだけ使っても、そのすべてを
使うことはないということですから、死んだ分は他で補って
いくわけです。ほら、よくあるじゃない?ど忘れ!って。
当たり前の言葉、人の名前・・・とっさに思い出せないこと。
あれね、そのまま放置してあきらめちゃうと、その情報の
ネットワークは次第に弱くなり消えちゃうんですってよ。
反対に、何が何でも自力で思い出すと(時間がかかっても
いいんです、思い出せたらそれで。)新しい記憶のネット
ワークが生成されて、失われた部分を補っていくんですって。
年だから、、、ってあきらめちゃうのが一番だめなんですよ!?
最近、ほんとに記憶力に自信喪失してる私ですが、あきら
めず、まだまだ酷使しなくちゃだめなんですね。
ローズマリー。脳細胞の活性化に一役買ってくれる精油です。
集中したい時、「頭」をリフレッシュしたい時におすすめ。
元気が出ますよー。
ローズマリーは若返りの精油としても有名ですね。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-18 21:50

タッチセラピー

「タッチセラピー」という言葉を聴いたことがありますか?
アロマテラピーのトリートメントも究極的にはこのタッチセラピーに
属するものといえるかもしれません。ようするに、「タッチ(触る)」
することでリラックスを与えることです。
子供にはとくに有効です。先日の講義の中で、先生がその象徴的なお話
をなさっていました。
両親の離婚により、どちらに引き取られることもなく施設に預けられる
ことになった6歳の少年。その施設はケアの面でもきちんとしたスタッフ
がおり、少年の扱いにも特に問題もなかったそうです。しかしながら
少年は施設にきて1年たっても、身長がまったく伸びなかったのです。
専門医が診察し、検査をしたところ成長ホルモンも問題なく普通に分泌
されていたのに、です。そこで施設のスタッフはあることを行いました。
その少年の母親にかわってしっかりと「抱きしめて」やることでした。
すると少年は徐々に成長を取り戻したそうです。つまり、成長ホルモン
がいくら成城に分泌されていても、それを受け取る組織(レセプター
=受容体)が働いていなかったと考えられ、その原因はわからないの
ですが、心理学者はおそらく、両親(特に母親でしょう)に捨てられた
精神的ショックが少年に「成長する(大人になる)こと」を拒絶させた
のではないか、ということです。そういうショック=ストレスにより
成長ホルモンを受け取るレセプターがなんらかの異常をきたし、その
鍵穴にしっかりと鍵をかけてしまったのではないでしょうか?
母親に抱きしめられる、ということ。無償の愛情を受けること。
そういうことがいかに大切か、考えさせられます。

同じようなことだと思うのですが、未熟児で生まれる赤ちゃん。
最近は医学の進歩で数百グラムの超未熟児としてこの世に生まれてくる
赤ちゃんが少なくないそうです。その命をつなぎ、維持するのが保育器。
保育器に入れられた赤ちゃんって、初めて見る者にはちょっとショック
です。なぜなら、大人の両手のひらに十分のせられるくらいしかない
小さな小さな体に、たくさんの生命維持のためのチューブがつながれて
いるのですから・・・本来ならお母さんの胸に抱かれてゆったりとお乳を
飲むはずの授乳も、保育器越しだったり。(お母さんもそれはそれは
大変ですよね・・・自責の念に駆られて涙する方も多いそうです。)
こういう赤ちゃんの成長にも、タッチセラピーがとても重要だそうで
赤ちゃんを毎日、毎日、たくさんさすってあげるんですって。
そうやってお母さんに(時には看護士さんに)たくさん触ってもらった
赤ちゃんのほうが、確実に成長が早くなるそうですよ。
もちろん、これは未熟児だけじゃなく、普通の赤ちゃんだって、子供
だって同じですよね・・・


アロマテラピーは原則2歳以下の子供には使用しないことに
なっています。だからタッチセラピーを実施しようと思わ
れる方は、ベビーマッサージについてのサイトなどで是非、
知識を得られてください。それで精油は用いずに、ホホバ
オイルやエクストラバージンオリーブオイルなどを用いて
されることをお勧めします。

私の娘も小さめサイズで生まれました。私の都合で予定日よりも早く
陣痛誘導をして陣痛がついたからです。もちろん、何の障害もなく
元気一杯に生まれてきましたが、そのせいかすごく積極的でやる気の
ある子です(笑)
1歳過ぎる頃までは小さめできましたが、ここにきて急に大きくなり
1歳6ヶ月検診では標準ど真ん中!いやってほど抱っこしたり、ほっぺ
にキスしたり、してますもん!
息子も、標準で生まれてからはどんどん大きくなり、いつもかなり
大きいほうです!(ん?単にでかい家系だって・・?!)
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-17 21:47 | aroma&phito

筋肉痛・・・とほほ

いやぁ・・・昨日の実習終了後に、感想を述べあったんだけど。
みんな「見ていた時は簡単そうだったのに、難しくて疲れ
ました」ということを言っていました。クラスは18人なの
ですが、、たぶん、みんな私と同じように他の人を見る余裕
なんてないくらい、夢中で施術していたと思います。
先生が「明日、きっとみなさん筋肉痛になっていると思いま
すよ。腰とか、腕、あとお尻が痛くなると思います。」って
おっしゃっていたんですよね・・・
今朝起きてみたら、ほんと、ほんと!お尻が痛いんです。
腕や、腰ももちろん張ってますが、先生、さすがです。
変に力が入ってしまっていたんでしょうねえ。

今日はとにかくトリートメント(昨日、マッサージと書いて
しまいましたが、マッサージと言うと医療行為とみなされる
場合がありますので、トリートメントという言葉にさせて頂き
ますね・・・紛らわしくて申し訳ありません。以後、気をつけ
ます。)の工程をしっかり復習しよう!とテキストを開きまし
た。なんせ、次回までの宿題ですから、忘れる前にしっかりと
覚えておかなくてはと・・・。
でも娘の攻撃にあって、あえなく途中で断念。しょうがないです。
娘も、昨日は一日、我慢して泣きながら過ごしていたわけです
からね。相手してやらなければ。でも、今日はとっても機嫌
よく楽しく遊んでいました。こう言う時はほんとに可愛い。

そうそう、昨日配られた「精油20種類サンプルセット」
これはアロマテラピー検定という、(社)アロマ環境協会が
実施している一般向け(協会員以外の人の受験可能な試験)
の検定で、必須の精油だそうです。
私が受験したのは97年でしたから、まだ現在の社団法人化さ
れる前、アロマ環境協会の前身である日本アロマテラピー協会
が実施した認定試験でアドバイザー資格を頂いているのですが、
この時はこういう精油のかぎわけはなかったような気がします。
この協会は当時私が習っていた先生も設立に貢献され、会員を
増やそうと言う時期でしたから、どんどん受けましょう、って
いう感じで。私もアロマの資格は欲しかったので迷わず、第二回
の試験で受験したわけです。その後、現在の検定試験というのが
できて、一般の人が受験し、そのうち1級に合格すると本人の
意志により協会に加入するとアドバイザー資格が認定される
というようになったようですね。(違うかな??)

精油の香りも、実はメーカーによっても、また原材料の産地に
よっても色々あって微妙に違うんです。同じ産地であっても、
全く同じ成分の精油はとれないらしく、それはその年、その年
の収穫にいたるまでの気候条件とか、土の状態とかによって
成分が微妙に変わってくるからなのだと思います。だから、
ひとことで真性ラベンダーの精油といっても、実は少しずつ香り
もちがうはず・・・
今回配られたサンプルはホホバで希釈されているせいもあり、
だいぶ香りが弱くなっていますが、ユーカリなどはすごく上品
になっていてちょっとわかりづらいくらい。マージョラムと
間違えたりします。(私がです、あくまでも)
でもでも、香りのある生活ってやっぱりいいですね・・・
トリートメントも自分でできるようになったら、もっともっと
生活に取り入れていきたいなぁ。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-16 23:42

トリートメント実習

今日は授業の日でした。お昼はさんで2時半ごろまで講義。
その後、いよいよ実習に入ります。
1回目、2回目の授業でうけた講義の復習・・・そして新しく
筋肉学へも突入。
今日はどうも頭が鈍い感じで、先生の講義をノートにメモする
のに必死で余裕ゼロ。だから必然的に頭にも入ってこない・・・
あれ?なんだっけ? まっしろ・・・
前回のときはすんなり頭にはいってきた骨の名前だったのに、
すでに忘れかけていて、あたふた・・筋肉の名前にいたっては、
全然入ってこない・・・うわー。かなり焦りました。

3時、いつもならティーブレイクがある時間。でも今日は実習
が待ち受けているので、先生も駆け足で説明をすませて退室。
ここで短パンとTシャツに着替え、支度が整ったところで先生
再び入室。プロのセラピストの方が実際に足のマッサージの
やり方を見せて下さって先生が説明をして下さいました。
見ているととても滑らかに動いてそれほど難しそうには見え
ないのですが、どうして、どうして!
生徒が2人1組になってお互いにマッサージをしあうのですが、
やりはじめるとすぐに難しさに直面でした。まず、手の動きが
滑らかにいきません。オイルをつけているから、もちろん滑り
はいいんですよ?!
要するに、手順が自分のものになっていないからなんですね・・・
テキストを見ながら、これでいいの?力加減は大丈夫?方向は
これであってる?
と自問したり、クライアント役の人に尋ねたり。手の動きは
おぼつかなくなり、うろうろ・・・
先生は「もっと手を密着させてねっとりと包み込むように・・・
そして、セクシーに!」ってアドバイス。
いやあ、案ずるより産むが易し、っていう諺がありますが、これ
の真逆ですね・・・(ちょっと違うか?!)

あと、右足と左足でも微妙に感じがちがってくるの。
とにかくこれは慣れだなぁ・・・手順を自分のものにしてしまわ
ないことには。次回までの宿題、まさにこれでした。マッサージ
の行程を覚える。そのために、ひたすらイメージトレーニング
してくること!(まだ近親者であっても、実際にやらせてもら
わない方がいい、とのこと)
なんせ片足で10以上も行程がるんです。ふうっっ。いともたや
すげに滑らかに実技を見せて下さったセラピストのIさん。
小柄な方なのに、すごくダイナミックかつ繊細な動きなんです。
さすがプロですね。1行程ごとのつなぎめ(一つの動作を終えて、
つぎの動作に移る)がほんとに滑らかなんです。

今日選んだマッサージオイルはリラックス系。でもリラックス
する余裕がありませんでした(笑)もう一生懸命で、まわりが
まったく見えてなかった私・・・
でも足はやっぱり軽い感じがしていますよー。
次回までにちゃんと修得できるかなぁ・・・・がんばるぞー。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2005-10-16 22:55 | aroma&phito