植物の力を借りながら。


by sense_of_wonderY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アロエベラ

シアバターの話の関連ではないのですが、基材について。




樹脂や、ワックスのものは低温になると固形になるので
基材として扱う時には湯煎などが必要なことがありますが
そのあたりがちょっと面倒でなかなか手を出さないことが
ありました。子供が小さかったりすると、そういう作業中に
近寄ってきて危なかったりするので、気が気じゃありません。
それに冷やしてる所に指を突っ込まれちゃったり・・・
でも、こういう固形になるものは持ち運びが便利だし、ある
程度、長期保存がきくし、なによりも、しっかりと精油の
効果を肌にとどめてくれると言う利点も大きいですよね。
キャリアオイルだと、やはりべとべと感もあるし塗った後
なにかするのにも気を使うし。ワックス類もたしかにこれは
多少はありますが。
私がいままで使った基材のなかでもっとも気軽で、さらに
使い心地、効果の両面で気に入っているのはアロエベラジェル
なのです。日本でも最近は入手できるようになってきたようで
すが、私は以前、スクールでならってからとても気に入って
アメリカの友人に頼んでまとめて送ってもらいました。
かなり高い純度のアロエベラジェルで一切無添加なのも、気に
いってるところです。(せっかくのアロエベラでも、香料とか
保存料みたいなものが入っていると台無し!)
このアロエベラジェルに精油を混ぜると、白濁してやや透明感
が落ちますが、アロエそのものがもつ保湿力とか、傷を治す
効果などが、精油のそれと相乗効果ですごくいいんですよ。
30gくらいを容器にとって、ラベンダーの精油を2%程度で
つくっておきますと、ちょっとした火傷のときや、夏場の
アフターサンバーンなどの特効薬になります。(あ、これ
薬事法違反な表記?!すみません・・・)
なんせラベンダーには美白効果がうたわれてますから。美白、
すなわち肌の回復力を高めると言うこと。火傷治癒も同じです。
アロマテラピーの第一歩は「火傷にラベンダー」ですから、
基本中の基本ですよね・・・なにを今更、って感じですよね。
ただ、このアロエベラジェルとの相乗効果がおすすめ♪

今更ながらも、あらためて納得〜♪してくださる方,ぜひぜひ
サイドバーのブログランキング、クリックしてくださいね。

実は今日も子供たちの昼食にと、餃子ピザ(これ、絶品よ!)
作っていた時に、思い切り熱くした油が指にかかってしまって。
かなり深い火傷になりそうだったのです。あいにく、この
ラベンダー+アロエベラの作り置きがない!
まずは水道水でかなり冷やしました。(いやぁ、冬でよかった、
水が冷たくって・・・)それから冷蔵庫からアロエベラジェル
を出してきて直接塗布。その上にラベンダーオイルを1滴たらし
指の上で直ブレンド!うわ・・・手荒な・・・とお思いでしょう。
でも、まぜまぜして作ってる余裕もなかったし、早いほど、
傷の治りにいいですからね。おかげで今はまったく痛みもなく
忘れてるくらいです。

そうそう!アロエベラジェルは冷蔵庫保管がいいですよ!
ひんやり冷たくなって火傷の応急処置にもGoodだし、夏場も
冷たさがきもちいいー♪です。
[PR]
by sense_of_wonderY | 2006-01-15 22:08